はじめての親友は黄色い地球外生命体だった――。

1987年、海辺の田舎

父親を亡くした哀しみから立ち直れない思春期の少女チャーリーは、
18才の誕生日に、海沿いの小さな町の廃品置き場で、廃車寸前の黄色い車を見つける。
自宅に乗って帰ったところ、この車が突如、変形《トランスフォーム 》してしまう。
驚くチャーリーを前に、逃げ惑う黄色の生命体。お互いに危害を加えないことを理解した瞬間、
似たもの同士のふたりは急速に距離を縮める。
チャーリーは、記憶と声を失い“何か”に怯える黄色の生命体に
「バンブルビー(黄色い蜂)」と名前をつけて、かくまうことを決めた。
ボロボロに傷ついたバンブルビーと、心に傷を抱えたチャーリー。
思いがけない友情が芽生えるのだが、しかし、
予想もしない運命が待ち受けているのだった-

STORY