Search
Close this search box.

映画「バンブルビー」のサウンドトラック解析: 80年代の音楽が物語をどのように彩るか

映画「バンブルビー」は、1987年を舞台にした物語であり、その時代の音楽が映画のサウンドトラックを特徴づけています。この記事では、「バンブルビー」のサウンドトラックを解析し、80年代の音楽が物語をどのように彩っているかを探ります。 映画のサウンドトラックは、観客が物語に没頭するのを助け、感情的な反応を引き出します。「バンブルビー」のサウンドトラックは、80年代のポップミュージックで溢れており、観客をその時代に連れ戻します。それは、物語の舞台設定を強調し、キャラクターの感情を強化します。例えば、映画の序盤でチャーリーが「The Smiths」を聴いているシーンは、彼女の孤独と反抗心を表現しています。また、バンブルビーがラジオを通じて音楽を選ぶシーンは、彼の感情とコミュニケーションの方法を描いています。彼が「Rick Astley」の「Never Gonna Give You Up」を選んだとき、それは彼がチャーリーに対する信頼と友情を示しています。また、映画のクライマックスでは、80年代のヒット曲「You’ve Got The Touch」が流れます。この曲は、バンブルビーが勇気を振り絞って戦うシーンを盛り上げ、観客に感動を与えます。