Search
Close this search box.

映画「バンブルビー」の舞台裏: メイキング・オブ・バンブルビー

映画「バンブルビー」は、視覚的な魅力と感動的な物語で観客を魅了しましたが、その製作過程は一体どのようなものだったのでしょうか? この記事では、「バンブルビー」の舞台裏に迫り、映画の魅力を一層深めるエピソードを紹介します。 まず、「バンブルビー」のビジュアルエフェクトは、映画業界の巨人であるIndustrial Light & Magic (ILM)によって制作されました。ILMは2007年に公開された最初のトランスフォーマーシリーズから参加しており、その間にトランスフォーマーの変形シーンの制作方法をほぼ一から開発しました。それ以来、ILMはこの技術を磨き上げ、観客がスクリーン上で見る変形シーンは、金属の部品が予定された場所に折りたたまれていく様子を見ているように感じられるほどになりました。 ILMのビジュアルエフェクトスーパーバイザーであるJason Smithと共同アニメーションスーパーバイザーのRick O’Connorによれば、最初の映画では、トラックの部品が一対一でオプティマス・プライムになるようにリグを組む方法を試みました。しかし、彼らがすぐに気づいたことは、変形はカメラアングルやその時のアクションによって実際には異なるということでした。 そのため、彼らはアニメーターがリグを制御できるようにする「TFM」ツールを開発しました。これにより、アニメーターは、リグの状態に関係なく、一部の部品を選んで「これらを一つのユニットとして動かしたい」と指定できるようになりました。また、彼らは必要に応じてヒンジを配置することができ、これにより部品がどのように折りたたまれるかを制御できるようになりました。 「バンブルビー」では、アニメーターはリグシステムの改善だけでなく、アニメーションシーンに初期の変形を配置するツールも利用できました。これにより、アニメーターは変形が必要なシーンを作成する際に、ロボットがオフになり、車がオンになるという大まかな変形を表示できるようになりました。 また、「バンブルビー」は1980年代のオリジナルのカートゥーンシリーズに近いデザインを採用しています。これは、変形自体のアプローチにも影響を与えています。バンブルビーのデザインは、車の部品に基づいており、以前の映画で見られた複雑なメカニカルなデザインとは対照的に、よりシンプルでカラフルなスタイルを採用しています。 これらの舞台裏のエピソードは、「バンブルビー」がどのようにして観客を魅了したのか、その魅力を一層深めるものです。映画の製作過程を知ることで、観客は映画の魅力をより深く理解し、その世界に更に没頭することができます。