Search
Close this search box.

「バンブルビー(2018)」と他のトランスフォーマーシリーズとの比較: 何が異なるのか?

トランスフォーマーシリーズは、その壮大なスケールと壮観なビジュアルエフェクトで知られていますが、「バンブルビー」はこれらの要素を新たな方向に導きました。この記事では、「バンブルビー」が他のトランスフォーマーシリーズとどのように異なるのか、その特徴と新たなアプローチについて詳しく解説します。 まず、「バンブルビー」は新しい監督、トラヴィス・ナイトの下で制作されました。彼は「クボと二本の弦」の監督として知られ、特に子供向けの作品に強いです。これは、トランスフォーマーシリーズが元々は子供向けの玩具ラインから始まったことを考えると、新鮮な視点をもたらしています。次に、主人公が女性であることも新しい。ヘイリー・スタインフェルドが演じるチャーリー・ワトソンは、シリーズ初の女性主人公で、彼女の存在が物語に新たなエネルギーと視点をもたらしています。 また、「バンブルビー」は1987年という時代設定も新鮮です。これにより、映画は80年代の音楽とファッションを取り入れ、シリーズに新たな雰囲気をもたらしています。さらに、「バンブルビー」は、キャラクターデザインにおいても他のトランスフォーマーシリーズとは異なります。バンブルビー自体が、オリジナルの玩具やアニメ版に基づいたデザインを持っています。これは、以前の映画で見られた複雑なメカニカルなデザインとは対照的で、よりシンプルでカラフルなスタイルを採用しています。 最後に、「バンブルビー」は、新たな敵キャラクター、シャッターとドロップキックを導入しました。彼らはトリプルチェンジャーという稀な能力を持っており、これは彼らをバンブルビーにとって非常に強力な敵にしています。これらの要素はすべて、「バンブルビー」が他のトランスフォーマーシリーズとは一線を画すものであり、新たな視点と新鮮なアプローチをシリーズにもたらしています。