バンブルビー

MENU

はじめての親友は黄色い地球外生命体だった――。

1987年、サンフランシスコ郊外の海沿いの町。
孤独な少女が、ボロボロに傷つき、記憶を失った地球外生命体と出会い、予想もしない運命に巻き込まれていく-。
誰も見たことのない革新的映像によって全世界で累計興収4,300億ドル超(2017年現在)の大ヒットを続ける『トランスフォーマー』シリーズの最新作がついにそのベールを脱ぐ。
シリーズ1作目から遡ること20年前、“ドジだけど優しい”かわいさMAXの大人気キャラ、バンブルビーのこれまで語られることのなかった地球到来の秘密がついに明かされる。
相棒となる少女チャーリーを演じるのは、映画初出演の14歳でいきなりアカデミー賞にノミネートされ、その演技力とチャーミングな魅力で同世代の圧倒的な支持を集めるヘイリー・スタインフェルド。
監督はアカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネートの『KUBO / クボ 二本の弦の秘密』(16)で知られるトラヴィス・ナイトが実写映画監督デビューを果たした。全米公開時には、「往年のスピルバーグ映画を彷彿とさせる」と賞賛コメントが続出し、映画レビューサイトRotten Tomatoesでなんと脅威の100%スタートを切り、現在も93%を獲得している。

また世界興収では、2019年初の週末でNo.1を記録し、快進撃を続ける『バンブルビー』がいよいよ3月22日、日本に上陸する!

MENU